神戸学院大学

現代社会学部

現代社会学部の清原・岡崎・日髙ゼミ生が携わった〈たじま未来プロジェクト2021〉のテーマ曲が公開されました

2021/08/27

 現代社会学部現代社会学科の清原・岡崎・日髙ゼミ(2年次生)は、兵庫県養父市・豊岡市と連携し、〈たじま未来プロジェクト2021〉を展開しています。今年のプロジェクトのテーマ曲「STILL A CHANCE」のミュージックビデオがこのたび公開されました。
 「STILL A CHANCE」を作曲したのは、共にプロジェクトに取り組んでいる歌手のアヤヲさんと山田明義さん。岡崎ゼミの学生たちがコーラス・語り・手拍子・和太鼓演奏などで参加しました。神河プロジェクト(2015-2017年)、やぶらぶプロジェクト(2018-2019年)、たじま未来プロジェクト(2020-2021年)と7年間にわたって取り組んできた地域連携プロジェクトの経験、コロナ時代を生きる学生たちの想い、平和と未来への希望がこの作品に反映されています。
 インスパイアされたのは、ジョン・レノンの「GIVE PEACE A CHANCE」(1969年)。この曲の精神を受け継ぎ、コロナ禍でも「There’s still a chance」(まだチャンスはある)と歌っています。平和な世界を希求する2つの曲を和太鼓演奏でつないでメドレー形式の楽曲にしました。映像には、書家の川尾朋子さんの題字「但馬の未来を拓く」も登場します。
 テーマ曲「STILL A CHANCE」のミュージックビデオはこちらからご覧ください。
 ミュージックビデオの詳細は以下の通りです。

STILL A CHANCE(Original):Music & Words: Ayawo&Akiyoshi Yamada
GIVE PEACE A CHANCE:Music & Words: John Lennon

◆プロデュース:岡崎宏樹(神戸学院大学 現代社会学部教授)
◆歌:アヤヲ&山田明義
◆コーラス&語り:アヤヲ・山田明義・岡崎宏樹・島田蓮+岡崎ゼミの学生:阪元陽菜・妹尾壮紘・平瀬明日花・阿久根省吾・池田実央・菊川莉織・広本奈穂・森川裕真・内海絵里・小南楓香・篠部圭太・中村凌・石井亜梨沙・上田俊・佐藤可奈子・南端大生・村上春菜・上田純夕・大山翔平・岡野妃奈・佐藤希一・芝本桃菜
◆和太鼓:山本健晋(岡崎ゼミ4年次生)
◆アレンジ&演奏&録音:山田明義
◆動画制作:島田蓮・山田明義
◆題字:川尾朋子さん(書家)
◆協力:兵庫県養父市・兵庫県豊岡市・兵庫県但馬県民局
◆Special Thanks:神河プロジェクトにご協力くださった皆様・やぶらぶプロジェクトにご協力くださった皆様・たじま未来プロジェクトにご協力くださった皆様
◆神戸学院大学〈たじま未来プロジェクト2021〉:本事業は兵庫県の令和3年度 大学との連携による地域創生活動支援事業の支援を受けて実施しています。
◆たじま未来プロジェクトホームページ はこちら