神戸学院大学

経済学部

トピックス&ニュースリリース

All NEWS

身近な経済問題を読み解き、
実践的な手法を修得

学部長からのメッセージ

学部長 石本眞八
学部長
石本 眞八

経済というと何か難しいことを連想するかもしれませんが、実は身近なことを理解するための学問です。商品やサービスの価格が変動したり、税率が上昇したり、給付金が支給されたり、給与が変動したり、公共料金が変動したり、我々の身の回りには経済学の対象となる題材があふれています。経済学とはこういった様々な問題を論理的に考えるための思考のツールです。

経済学部では2年次前期までは共通の科目を学習し、2年次後期から卒業後の進路に適した専門科目を学ぶため、生活経済コース・企業経済コース・公共経済コースの3つのコースに分かれて幅広い専門知識を身に着けてもらいます。また1年次より4年次まで開講されている少人数の演習科目を活用することで、プレゼンテーションやディスカッションのスキルを身に着けてもらいます。

さらに専門科目の学習と並行して、将来の進路に必要な資格取得を目的とした、公務員、簿記、フィナンシャル・プランナー、情報処理、教員養成など7つのプログラムを用意しています。

経済学部では様々な進路に応じた科目やプログラムを用意していますので、希望する進路に進むためにそれらを積極的に活用して下さい。

経済学部 学科構成

教育研究上の目的

神戸学院大学学則(抄)

(目的)

第2条の7 第2条に規定する各学部又は学科における教育研究上の目的(以下この条において「目的」という。)は次のとおりとする。

(2) 経済学部経済学科の目的は、経済社会の仕組みを理論・歴史・制度の観点から体系的かつ専門的に学び、修得した知識と技能をもって現代社会の発展に貢献できる人材を育成することとする。

経済学科の教育目標・方針

経済学部の教員と研究テーマ

経済学部 関連情報