神戸学院大学

大学紹介

学長からのメッセージ

神戸学院大学学長 佐藤 雅美

「学生が自らの成長を実感できる大学」として
―社会から必要とされる存在価値の高い大学を目指して-

神戸学院大学は1966年、初代学長・森茂樹博士の下、建学の精神「真理愛好・個性尊重」を掲げて、栄養学部だけの学生定員100名の単科大学として現在の有瀬キャンパスに設立されました。それから56年目を迎えた現在では、神戸市内の複数のキャンパスに10学部・8研究科を配置し、学生数1万1000人あまりを擁する神戸市内で最大規模の文理融合型私立総合大学へと発展しました。卒業生・修了生は9万人に迫っています。

2018年度に本学10番目の学部として心理学部が設置され、2019年度には大学院心理学研究科が新設されたことによって、新しい国家資格「公認心理師」を養成する教育体制が整いました。また、医療・保健・福祉系の4学部6学科が合同で運営するIPE(専門職連携教育)の単位化も、神戸市看護大学との連携の下で軌道に乗っています。ハード面では、2019年9月に新たな「知と情報の発信拠点」として神戸三宮サテライトが開設され、10月からはポートアイランド第2キャンパス(KPC2)の運用が始まり、教育環境ならびに課外活動施設の充実が実現しています。

本学は、2012年に経営母体である学校法人神戸学院が創立100周年を迎えたのを機に、「中期行動計画2013-2017」を策定し、実行してきました。これによって、学部の新設やキャンパス再編など、大学の発展にとって多くの成果が生まれました。2018年度からは新たに「第2次中期行動計画2018-2022」を策定して実行に移しています。その具体的な実行計画を着実に推進することで、社会からの信頼を高め、「後世に残る大学」を目指しています。

また本学では、各学部における教育・研究の質的向上はもちろん、2014年に設置された全学教育推進機構を中心に、学部横断型教育プログラムの運営や全学的な教育改革を推進しています。そして、「建学の精神」の下、「神戸学院大学憲章」および「3つのポリシー」に基づき、学生の「伸びしろ」に働きかける教育を実践し、学生が自らの成長を実感して自信をもって社会に飛び立てるように、教職員一同、誠心誠意サポートしてまいります。その結果、神戸学院大学に誇りと愛着を持つ学生が巣立ち、社会の多様な分野で活躍してくれることを期待しています。

神戸学院大学は、未曽有の災害ともいえるコロナ禍の経験から得られた「知恵と工夫」を駆使して、ニューノーマル時代にふさわしい大学の在り方を追求していく所存です、そして、これからも兵庫・神戸を代表する総合大学として、社会から信頼され、必要とされる存在価値の高い大学を目指して着実に前進してまいります。

2021年4月1日
神戸学院大学 学長
佐藤 雅美